日本食育コミュニケーション協会ホームページで紹介頂きました!

日本食育コミュニケーション協会ホームページで紹介頂きました!

日本食育コミュニケーション協会講師紹介ページにてご紹介頂きました!

現在、日本食育コミュニケーション協会会員企業様の食育活動をサポート

させて頂くために、食育担当者定例会議など食育担当者(食育コミュニケーター)

の皆様のスキルアップを支援させて頂いております。

食は命を育むもの・・

栄養バランスのとれた食事、地産地消、旬産旬消、楽しく調理すること、

食卓を楽しむこと、

食が簡単に便利になった時代だからこそ、受け継いでいきたいものや

改めて知っておきたい食の知識や調理方法をお伝えできるスーパーマーケット

の実現を目指しています。

地域の生活者の皆様と一緒に楽しめる食育をこれからも続けていきたいですね!!

日本食育コミュニケーション協会ホームページはこちらからどうぞ!

http://e-shokuiku.net/lecturers

おしごと体験企画導入企業様が誕生しています☆

おしごと体験企画導入企業様が誕生しています☆

食品商業4月号に「子どもおしごと体験の組み立て方」について記事を掲載して頂きました。

スーパーマーケットの仕事を子どもたちに体験イベントとして開放して、その指導を各部門の

スタッフが行うという内容です。

子どもたちにとっては、

「生きるチカラを身につける本物体験」であり、

スーパーマーケットにとっては、

「子どもたちの成長に貢献できる絶好の機会」

であると同時に

「店舗スタッフが子どもに仕事を教えることで自己成長できる絶好の機会」

でもあります。

子どもたちと一緒にスタッフもスーパーマーケットの仕事を楽しむ♪

それが地域密着の本当の姿です。

食品商業4月号に特集記事を掲載していますので、ぜひご一読ください!!

 

 

 

【予告】3月15日発売「食品商業」に記事が登場します☆

【予告】3月15日発売「食品商業」に記事が登場します☆

3月15日発売の「食品商業4月号」にスーパーマーケットで取り組める

「子どものおしごと体験の組み立て方」について記事を書かせて頂き

ました。

価格訴求や大量陳列、店舗数ではない方法で、地域のお客様の認知度や

支持を高める方法として、「子どものおしごと体験」は効果や影響を発揮

できます。

今回はその企画の組み立て方の勘どころを解説しています。

“子どもおしごと体験の本当の目的は?”

“おしごと体験開催のノウハウ”

“地域の課題を解決することが、地域密着戦略の答え”

などなどです。

スーパーマーケット経営の皆様や地域密着戦略の担当者の皆様にたくさん

読んで頂ける事を期待しています♪

ぜひぜひご覧下さい☆

 

高知新聞朝刊にて「ファン度レイジング」について紹介しました。

高知新聞朝刊にて「ファン度レイジング」について紹介しました。

3月10日(月)高知新聞朝刊にて「ファン度レイジング」について、NPO高知市民会議理事の

立場で紹介する記事を書かさせて頂きました。

そもそものファンドレイジング(Fund Raising)について概要を説明しながら、ファンドレイジング

の手段を工夫することで共感者を増やすことができる仕掛けについても簡単に触れました。

この記事によって「ファンドレイジング」や「ファン度レイジング」について共感や支援の輪が

広がっていく事を期待しています!!

高知新聞原稿20140310

ファンドレイジング・ジャパンinこうちへのご参加ありがとうございました!!

ファンドレイジング・ジャパンinこうちへのご参加ありがとうございました!!

3月1日(土)に高知市文化プラザかるぽ〜とにて、「第3回ファンドレイジング・ジャパンinこうち2014」

大会を開催致しました。

当日は高知県内はもとより四国内からも参加があり、合計170名もの皆様が会場にお越し下さいました。

大会のテーマは「共感」、そして「TTP』(徹底的にパクる!)でした。

ファンドレイジングとは何か?という入門編から、プロブロガーのイケダハヤト氏による「WEBを使った効果的な

広報」について講義があり、共感度の上がるTwitterやFacebookの使い方、ホームページデザインについて学びました。

なかでもブログは「時事ネタ」を盛り込んで、「話題の旬を逃さずすぐに更新」を心がけることなどポイントを解説

して頂きました。

その後、黒潮実感センターの「アオリイカの里親プロジェクト」と、「ココロを贈る寄付ぎふと」の事例を紹介。

私も寄付ぎふと事例紹介で講師を担当させて頂きました。

その他、県内の6つの団体のプレゼンテーションパーティも白熱のプレゼンで会場が大いに盛り上がりました。

高知県内で3年間連続で「ファンドレイジング」を専門とした情報交換ならびに成功事例から学ぶ大会を開催して

きました。ここ最近は「ファンドレイジングしてる?」で会話が通じるようになった県内のNPO業界です。

次は「ファンドレイジングで成功してる!」と言えるように、FUN度とFAN度の上がるファンドレイジングモデル

を支援していきたいと改めて思いました。

2014年度のファン度レイジング・マーケティング的テーマはふたつ!

「寄付つき飲食メニュー展開の飲食店をさらに増やし、実施期間も通年とすること」

「高知龍馬マラソン大会をファンドレイジングマラソン大会にすること」

です。

このことに関する提案を関係の皆様にはお届けしますので、実現に向けてのご協力をよろしくお願い致します!!

 

今年も始まった!寄付つき飲食メニュー “飲みもって食べもって寄付ぎふと”

今年も始まった!寄付つき飲食メニュー “飲みもって食べもって寄付ぎふと”

3月1日(土)から土佐の高知の観光シーズン幕開けイベント「土佐のおきゃく2014」

が開幕しています。その土佐のおきゃくの開催と同時にスタートしたのが寄付つき飲食

メニューを味わう「飲みもって食べもって寄付ぎふと」です。高知県内の19店舗と1イベント

の皆様のご協力によりまして、寄付つき飲食メニューを実施して頂いています。

お好みのお店に行って、飲んだり食べたりしながら社会を良くする寄付ができる寄付つき飲食

メニューをぜひ味わいましょう♪♪
①実施期間:3月1日(土)〜3月9日(日)
「BAR VARELIAN」 ひろめ市場の追手筋側にあります。

「resort dining Se Relaxer」 帯屋町2丁目アーケード内

「cafebar SHELTER」 追手前高校から南へすぐ中の橋通り内

「そばと酒 湖月」 追手前高校から南へ中の橋通り、最初の通りを東へすぐ

「和座Dining 東風」 大丸本館と東館の間の道をさらに北へ進んだ左側

「BAR Baffone」 大丸本館と東館の間の道をさらに北へ進んだ右側

「八金〜やがね〜」 帯屋町ABCマートから北へ進んで左側

「TeppanDining ミヤタヤ」 はりまや橋小学校南西角から西に進んで南側

「食家 雅 愛宕」 高知中央郵便局から西へ進んで愛宕商店街の手前の北側

「土佐蔵出味噌 麺屋なかひら 一ツ橋店」北環状線沿い
「土佐蔵出味噌 麺屋なかひら ヤ・シィパーク店」夜須町ヤ・シィパーク内

②3月1日(土)〜3月31日(月)
「寿し一貫 たかす店 あぞうの店 あさくら店 いの店 せと店 四万十店」
※各店の所在地は株式会社サニーフーヅのホームページでご覧下さい。
http://sunnyfoods.ne.jp/

③実施期間:3月4日(火)〜9日(日)
「ゆんたくBAR ニライカナイ」 八金(やがね)さんの通りはさんだ前

④実施期間:3月8日(土)〜31日(月)
「レストラン&カフェ ボヌール」土佐市のグランディール内

⑤実施期間:3月5日(水)
「アペリティフの日inおきゃく」 高知市中央公園

各店の営業時間や休店については、NPO高知市民会議ホームページに掲載する
予定です。

どのお店を選ぶか?はお好み次第!
そしてお店ごとに寄付つきメニューと寄付金額も異なっていますので、
行ってからのお楽しみです♪

では、皆さん!
「飲みもって食べもって寄付ぎふと」に行ってらっしゃ〜い☆

飲みもって食べもって寄付ぎふと事務局「NPO高知市民会議」
http://www.siminkaigi.com/