About 歩 東森

Posts by 歩 東森:

スーパーマーケット発地域密着企画進行中!!

スーパーマーケット発地域密着企画進行中!!

初夏から準備を重ねてきましたスーパーマーケットが主催する地域密着企画が

次々と花開いています☆

スーパーマーケットの仕事を体験し、仕事の大変さや楽しさ、スーパーマーケットの

役割や価値を学ぶ「おしごと体験」は、地域の子どもたちとそのご家族の皆様にとって

普段体験できない貴重な学びの場になっています。

そして、体験の場はお店を飛び出して田んぼにまで広がります!!

田植えから草取り、そして収穫、さらには収穫したお米の販売までを体験する

「親子で米づくり体験」は、まさにスーパーマーケットでしかできない企画です。

日頃取引のある農家さんにご協力いただき田んぼを貸していただき、苗が稲になり

お米になるまでの技術的な部分をサポートしていただきます。近所のスーパーマーケット

で「田植えから収穫、販売まで体験できる」のは、子どもの体験や家族の絆づくり、

そして食を深く知り美味しくいただく食育的観点からも支持いただける企画です。

「地域の皆さんと一緒に体験する」

「一緒に体験するから感動を分かち合える」

「分かち合った感動は共感の連鎖を生み出します」

スーパーマーケットの地域密着活動を通じて、

スーパーマーケットはもっと楽しく、もっと地域と密着できる存在になります!!

第4回アメリカ地域密着経営・ファン度レイジングセミナー満員御礼!

第4回アメリカ地域密着経営・ファン度レイジングセミナー満員御礼!

来月6月1日出発の「第4回アメリカ地域密着経営・ファン度レイジングセミナー」につきましては

おかげさまを持ちまして満員御礼となりました。

日本各地からのご参加誠にありがとうございます。

アメリカ国内での食を取り巻く環境や食品小売業ならびに飲食業の最新状況を直接視て体感し、

そこから見えてくる日本の各地域で取り組むべきアクションを発見してまいります。

「地域愛着・地域密着」「健康志向提案」「地産地消と商品開発」などキーワードは盛りだくさん

です。

さて、次なる「第5回視察セミナー」の準備も進んでおります。

日程が決定次第、こちらのホームページやFacebookにて告知をさせて頂きますので皆様の参加を

ぜひお待ちしております!!

 

新年度スタートしました☆

新年度スタートしました☆

2015年4月1日新年度スタートです。

お正月は1月1日ですが、毎年4月1日も1月と並んで新鮮な気持ちになる瞬間ですよね。

前年度で取り組んだこと、やりかったけどできなかったこと、新しい年度では必ず

取り組んでみたいこと、、そんなことをイメージしながら、この年度を前年度以上に

充実させていきたいですね。

さて、6月の「アメリカ地域密着経営・ファン度レイジングセミナー」はおかげさまで

定員を越えるお申し込みを頂戴致しました。高知を始め日本各地からの参加申込みに

厚く熱く感謝申し上げます。ツアー行程は現地を鋭意打ち合わせを進めながら最終の

仕上げを行っております。今回もサプライズを仕込みつつ、参加の皆様の満足度を

高めることができる内容をご用意しております。

2015年・平成27年度も企業とNPOぞれぞれの世界を縦断横断しながら、それぞれの

世界でファン獲得につながる様々な仕掛けや企画を立案・支援をさせて頂きながら、

日本全国、いや世界各地を駆け巡ります。

皆様とのご縁を楽しみにしております☆

 

【御礼】高知龍馬マラソン&東京マラソン完走致しました!!

【御礼】高知龍馬マラソン&東京マラソン完走致しました!!

2月もあっと言う間に過ぎましたが、
2月15日(日)と2月22日(日)の2週連続の
フルマラソンチャレンジは、2本とも完走という
成績をおさめることができました。
皆様からの熱い応援にこの場をお借りして厚く御礼
申し上げます。

昨年から高知龍馬マラソンに出走し始めたのも、
そして今年は2週続けてまで東京マラソンにも
出走したことには目的があります。

それは、
「高知龍馬マラソンをチャリティマラソン大会にしたい!!」
という想いから出走を決意して、チャレンジをしています。

自分自身がフルマラソン大会に出場してみて、
どのあたりにチャリティの仕掛けが入っていると
ランナーは寄付したくなるのか?
あるいは、寄付し易いのか?
ということを直接体感する狙いがあります。

東京マラソンでは出場する35,000人のランナーのうち
3,000人が寄付を集めて走るチャリティランナーです。
この3,000人が集める寄付金に法人寄付も合わせて
東京マラソン1回の開催で約3億円のお金を集めている
のです。
チャリティランナーを始め35,000人のランナー全員が
参加費10,800円を支払っていますので、参加費収入も
約3億8千万円ありながら、さらに寄付金で3億円を
集めているんです。

走りたい!!

というランナーの気持ちに

「社会をもっと良くしたい!!」

という気持ちを叶えるための仕掛けを加えることで、
社会的課題を解決するための資金を多くの方から集める
ことに成功するこのチャリティランナーという取り組み。

高知龍馬マラソンに導入したら、きっと多くの共感者から
高知がもっと良くなるための資金が集まることになるのは
間違いありません。

その企画提案・実践を実現させるために2月は2週連続で
フルマラソン大会にチャレンジしました。
4月には
「フルマラソンの走り方&チャリティラン報告会」
を開催致します。
関心のある方にぜひお集り頂けたら嬉しい限りです!!

RKCラジオ特番に出演致します!!

RKCラジオ特番に出演致します!!

ファンドレイジング

クラウドファンディング

セールスフォース

ソーシャルインパクト

おっと聞き慣れない言葉が並びましたが、これは社会的課題の解決に

取り組むNPOの世界で注目されている用語の数々なんです。

そんな言葉が登場しつつも、分かり易く解説する特別番組が

2月8日(日)RKCラジオで登場します!!

タイトルは・・

NPO高知市民会議の特別番組「社会を変える市民のソコヂカラ」です。

しかも、この番組、13時から15時までのなんと2時間生放送なんです☆

番組のパーソナリティはプロブロガーのイケダハヤトさん、RKC高知放送

からはアナウンサーの井津葉子さん、そしてNPO高知市民会議の私東森歩が

担当させて頂きます。

高知県内の市民活動の実状、NPOが取り組み社会的課題の様々を県内各方面の

NPOの皆様をゲストにお迎えしつつお届けする特別番組。

2月8日はラジオの前で「市民のソコヂカラ」を感じてくださいね〜!!

 

 

アメリカ最新「地域密着経営・ファン度レイジング」視察ツアー参加者募集スタート☆

アメリカ最新「地域密着経営・ファン度レイジング」視察ツアー参加者募集スタート☆

たいへんお待たせ致しました!!

2015年6月、アメリカにおける最新の地域密着成功事業モデルを流通小売ならびに飲食事業

を中心に現地に実際に足を運んで学ぶツアーの参加者募集をスタートします!!

今回の訪問地はワシントン州シアトル市とオレゴン州ポートランド市です。

アメリカの都市の中でも街の治安も良く、住民の街に対する愛着心や町づくりに積極参加する姿勢

のあるこの2都市において、日常生活に最も身近なスーパーマーケットと外食店から、地域と共に

成長する姿を直接視察で学ぶツアーです。訪問する企業様、店舗様のいくつかでは、経営幹部クラスとの

インタビューならびに質疑応答も用意します。また、地域と共に成長する「地域密着戦略」も多様化を

迎えているアメリカにおいて、NPOや学校との連携で成功につなげる事例も紹介しながら、地域が応援

したくなるお店づくりを学びます。

価格競争の市場で新たな差異化戦略を模索するスーパーマーケット経営者様、同じく大手外食チェーン

との競争の中にある飲食店の経営者様に向けた“経営の次の一手を発見できる”視察内容となっております。

現地のコーディネイトは企業とNPOの架け橋コーディネーターとして活躍中のファン度レイジング・マーケティング

代表東森歩がメインで担当し、お客様と楽しませるFUNづくりと顧客獲得につなげるFANづくりを解説します。

ぜひ多くの皆様とアメリカで一緒に学べることを楽しみにしております!!

お問い合わせにつきましては当ホームページの問い合わせフォームからお気軽にお尋ね下さいませ。

また、ツアーの行程ならびに内容につきましてはトップページに掲載の募集案内からご確認頂けます。

IMG_6099 IMG_6377 IMG_6384 IMG_6474 IMG_6503 IMG_3107 IMG_3127 IMG_3129

土佐志民大学2限目に登壇します☆

土佐志民大学2限目に登壇します☆

スライド1

NPO高知市民会議が仕掛ける新しい大学

「土佐志民大学」の2限目の講座に登壇します。

エイズ孤児支援NGO・PLASの門田瑠衣子さんと

プロブロガーのイケダハヤトさんと私の3人で

トークを進行。

テーマは「共感をデザインする」です。

門田瑠衣子さんにはセールスフォースを始めとする

データベースマーケティングを実践されてきたご経験

から、NPOの経営にデータベースの活用の必要性やその

重要度についてお話しをして頂きます。

私はそこに直感型の共感や、人のココロの琴線がどういった

ことで反応するのか、、について門田さんやイケダハヤトさん

にぶつけながら、「共感のデザイン」を見つけていきたいと

思っています。

いやぁ、これは楽しみです♫

どんな展開になるのか?は当日のライブでお楽しみ下さい。

12月7日(日)午後2時から高知市文化プラザかるぽ〜と

にて開講です。参加申込みはNPO高知市民会議ホームページ

内特設の「土佐志民大学」ページからどうぞ!!

 

高校生レストラン開店しました☆

高校生レストラン開店しました☆

11月8日(土)9日(日)の2日間、高知県香美市の土佐山田ショッピングセンター

かがみの店の店内におきまして、高知県立高知農業高校の生徒の皆さんとの恊働

企画「高校生レストラン」が開店しました!!

高知農業高校の畜産クラブの皆さんが育てて出荷している「軍鶏」「豚肉」を

はじめ高知農業高校の「お米」「たまご」を食材に使用したランチを提供しました。

打ち合わせ開始は今年の初夏から、農業高校の教室にて土佐山田ショッピングセンター

の皆さんと一緒に企画会議をおこなってきました。

ランチの内容決定、ホールサービスの打ち合わせ、宣伝広報の内容を打ち合わせ

しての本番が今回でした。ランチ提供数は、1日50食の2日間で100食です。

緊張の開店初日、開店時間午前11時の10分前には15名様ほどの行列ができました。

そしてあっと言う間に20名様ほどのご注文を頂きましたが、そこからが苦しい時間

となりました。お客様が途切れ、このままでは50食完売が難しくなってしまう・・

生徒の皆さんはチラシを持って、かがみの店入口に立って買い物で来店のお客様に

呼びかけます。また、店内マイク放送でもご案内。その努力の甲斐もあって、午後1時半

には50食完売!!

高校生レストラン営業初日で完売は感動です☆

そして、臨んだ2日目は、あいにくの雨天でしたが、開店10分前には20名様ほどが

並んで下さいました。そして、開店、、30分後には満席となり、1時間後には

50食完売でした!!

高知新聞朝刊に初日の様子が掲載されたことや、いろいろな手段で話題が広がった

こともあって、初日をはるかに越えるスピードでお客様にご来店頂きました。

この2日間、高校生の皆さんと土佐山田ショッピングセンターの皆さんとで一緒に

考えたメニューのランチをたくさんのお客様にお召し上がり頂きました。

ご来店頂きました皆様、誠にありがとうございました!!

高校生レストランは今回は2日間限定営業でしたが、今回の経験を元にしてまた

進化してきっと開店致します。

どうぞ期待をしてお待ち頂けたらと思います。

では、再びの「高校生レストラン」でお会いできますことを楽しみに♫

土佐志民大学開学です!!

土佐志民大学開学です!!

NPO高知市民会議が高知県に設置する新しい大学

「土佐志民大学」が10月12日(日)に高知市で開学

しました。

記念すべき開学講座の講師には

家入一真さん(連続起業家)

安藤桃子さん(映画監督)

を迎え、ステージ進行役として

イケダハヤトさん(プロブロガー)

も登場しての豪華な顔ぶれでスタートしました。

安藤桃子さん、イケダハヤトさんは共に高知に移住されてきて

いる経験から、「高知らしさ」「高知の価値」「高知の課題」

を都会との違いから見えてくるポイントを面白くも鋭く話して

くれました。そこに家入さんの「地方にしかないもの」という

視点がゆる〜く加わり、3人のトークから“高知の未来”を

参加者130名の皆様と共に体感しました。

私的には

「高知にしかない価値」×「スピード感」=高知の未来を創り上げる実現性向上

と感じました。

即判断、即決、即行動というレスポンスの良さが高知にはさらに必要かな、と。

そういった回転の良さが、アイデアも人脈も資金も流れを良くすると

思っています。

さて、「ボクらの未来をデザインする」で開講した土佐志民大学はこの後

も2限目以降続いて行きます。

次回は12月7日(日)、

NPO法人エイズ孤児支援NGO・PLAS代表の門田瑠衣子さんをお迎えし、

ファン度レイジング・マーケティング代表の私、イケダハヤトさんの3人で

「共感をデザインする」をテーマにお届けします。

※NPO法人エイズ孤児支援NGO・PLASホームページ http://www.plas-aids.org

次回以降の開催場所は調整中ですので、決定次第NPO高知市民会議ホームページや

土佐志民大学Facebookページで決まり次第お知らせ致します。

ということで、、

いやぁ、こじゃんと面白くなってきたぜよ☆

安藤桃子さん曰く、「高知は地方じゃない!外国です!!」

まっことその通り!!

ボクらは日本のどっかと比べて高知はこーだあーだと言うつもりは全然

なくて、むしろ高知の独特の文化や人の個性、アクの強さを自慢したいし、

生き様にしたいと思うちゅう。

より高知っぽく、より土佐っぽく、

ギラギラ光るものを創り出して、世の中に発信していこうちや!!

 

東京マラソン2015にチャリティランナーとして参加します!宣言

東京マラソン2015にチャリティランナーとして参加します!宣言

【7月19日現在 寄付額 14,000円
チャリティランナー登録寄付金100,000円まで残りあと86,000円】

昨日、意を決しまして、
東京マラソン2015(来年2月22日)のチャリティランナーとして登録しました☆

寄付先は・・
病気と闘う子どもたちとそのご家族が一緒に滞在できる場所を提供する
「ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン」です。

私も子育てを通していろいろな経験を日々、子どもたちからさせてもらっています。

親としてまだまだ不十分なところもたくさんありますが、自分以外の誰かの

ためにチャレンジする姿を子どもたちに父親として見せたいといつも想って

います。
今年の「高知龍馬マラソン2014」で人生初のフルマラソンにチャレンジ、そして
完走。スタートからゴールまで長男が自転車で並走してくれました。彼曰く
「まさか本当にゴールするとは全然思わんかった!」と、ゴール後に言って
ましたが。笑
そして今度は、東京マラソン2015でフルマラソン完走に再びチャレンジすると
ともに、自分以外の皆さんのためにチャレンジすることに燃えてみようと
一念発起しました。

そんな想いの届け先を「ドナルド・マクドナルド・ハウス」に決めました。
決めた以上、ハウスのことを自分自身がよく知らなければなりません。
ということで、来週は高知医療センターの前にある「ドナルド・マクドナルド・
ハウスこうちハウス」にご挨拶にお伺いして、日頃の活動の様子を学んできます。

その様子は可能な限りでこのページでも報告致します。

では、私こと東森歩が東京マラソン2015のチャリティランナーとして
出走登録できる寄付金額10万円まで残りあと86,000円のご支援をどうか
お願い致します!!

寄付の方法は下記のリンクの東森歩の「チャリティページ」から、
1回1,000円単位で寄付することができます。
(寄付はクレジットカード決済です)

病気と闘う子どもたちを応援するために、
こじゃんと顔晴って走り抜けるぜよー☆

https://www.runwithheart.jp/charity_sheet?id=2811