ファンドレイジング・ジャパンinこうちへのご参加ありがとうございました!!

3月1日(土)に高知市文化プラザかるぽ〜とにて、「第3回ファンドレイジング・ジャパンinこうち2014」

大会を開催致しました。

当日は高知県内はもとより四国内からも参加があり、合計170名もの皆様が会場にお越し下さいました。

大会のテーマは「共感」、そして「TTP』(徹底的にパクる!)でした。

ファンドレイジングとは何か?という入門編から、プロブロガーのイケダハヤト氏による「WEBを使った効果的な

広報」について講義があり、共感度の上がるTwitterやFacebookの使い方、ホームページデザインについて学びました。

なかでもブログは「時事ネタ」を盛り込んで、「話題の旬を逃さずすぐに更新」を心がけることなどポイントを解説

して頂きました。

その後、黒潮実感センターの「アオリイカの里親プロジェクト」と、「ココロを贈る寄付ぎふと」の事例を紹介。

私も寄付ぎふと事例紹介で講師を担当させて頂きました。

その他、県内の6つの団体のプレゼンテーションパーティも白熱のプレゼンで会場が大いに盛り上がりました。

高知県内で3年間連続で「ファンドレイジング」を専門とした情報交換ならびに成功事例から学ぶ大会を開催して

きました。ここ最近は「ファンドレイジングしてる?」で会話が通じるようになった県内のNPO業界です。

次は「ファンドレイジングで成功してる!」と言えるように、FUN度とFAN度の上がるファンドレイジングモデル

を支援していきたいと改めて思いました。

2014年度のファン度レイジング・マーケティング的テーマはふたつ!

「寄付つき飲食メニュー展開の飲食店をさらに増やし、実施期間も通年とすること」

「高知龍馬マラソン大会をファンドレイジングマラソン大会にすること」

です。

このことに関する提案を関係の皆様にはお届けしますので、実現に向けてのご協力をよろしくお願い致します!!